キャベツ栽培で葉が巻かない原因!結球しないのは食べられる?

キャベツは、成長とともに葉が巻き上がって球状になります。これを「結球(けっきゅう)」と言い、キャベツの他には白菜やレタスなどの葉菜類に見られる特徴です。

家庭菜園でキャベツを育っていると、なぜか結球しないことがよくあります。今回は、キャベツ栽培で葉が巻かない原因と、結球しないキャベツは食べられるのか?について紹介します。

Sponsored Links

キャベツ栽培で葉が巻かない原因

キャベツは、成長とともに葉の枚数が増えていき、20枚程度の葉ができた頃に結球します。葉の枚数が少なく成長途中のキャベツは、まだ結球しません。ですから、キャベツ栽培で葉が巻かない時は、葉の成長を妨げる何らかの原因が考えられます。

害虫被害

キャベツ栽培,巻かない,原因,結球しない,食べられる,画像2キャベツには、アオムシやヨトウムシ、コナガなど、様々な害虫がつきます。その中でも被害が多いのがモンシロチョウの幼虫のアオムシです。キャベツの芯の部分を害虫に食べられてしまうと、葉の成長が止まり、キャベツの葉が巻かない原因になります。

キャベツの葉が害虫被害で穴だらけになったからといって、枯れていない葉を切り取ってしまうのはNGです。キャベツの葉が結球するためには、光合成によって作られた有機物が必要です。そのため、外葉を切り取ってしまうこともキャベツが結球しない理由になります。

Sponsored Links

寒さ被害

キャベツは、気温が15℃を下回りと生育が悪くなって結球しないことがあります。寒い時期までに十分に成長しなかったキャベツは、それだけで葉が巻かない原因になるのです。

成長が不十分なキャベツには、不織布や保温ビニールなどを使った防寒トンネルを設置して、寒さ対策をすることが大切です。防寒トンネルを設置する前には、必ず害虫が入り込んでいないことを確認してください。防寒トンネルに害虫が入り込んでしまうと、内部の暖かい環境で害虫が繁殖してしまうので注意が必要です。

防寒トンネル

キャベツ栽培で葉が巻かない原因として可能性が高いものは「害虫被害」と「寒さ被害」ですが、その他では肥料不足や肥料過多によってキャベツの生育が悪くなり結球しないこともあります。

Sponsored Links

結球しないキャベツは食べられるのか?

キャベツ栽培,巻かない,原因,結球しない,食べられる,画像1結論から言うと、結球しないキャベツでも食べられます。ただし、結球しないキャベツは硬くて苦みがあるので、キャベツは結球させた方が美味しいです。

そもそもキャベツは、非結球性のケールを結球するように品種改良したものです。キャベツは結球すると、内部の葉に光が届かなくなることで、葉が軟白化して苦みのない美味しいキャベツになります。

ですから、結球しないキャベツはケールのような苦みがあるのです。キャベツ栽培で葉が巻かない場合は、そのまま育てて花芽を食べた方が美味しいです。

キャベツの花芽は、同じアブラナ科の菜の花に似ていて、同様の食べ方ができます。キャベツの花芽を茹でてマヨネーズをつけただけでも美味しくいただけます。

キャベツの種

created by Rinker
サカタのタネ
¥579 (2024/03/01 02:07:38時点 Amazon調べ-詳細)
PR

Sponsored Links

おすすめの記事

家庭用耕運機は電動充電式がおすすめ!エンジン式との違いとは?

オクラにアリがつく理由!駆除する必要あるの?

リトープスの脱皮失敗の原因は水やり!リトープスが急に溶ける時は?

ポインセチアの葉がベタベタする!樹液の毒性とは?

ゴールドクレストが大きくなり過ぎ!大きくしない方法を紹介!

野菜・果物家庭菜園

【園芸豆知識④】花や実の成長を促す肥料

created by Rinker
花ごころ
¥412 (2024/03/01 07:42:31時点 Amazon調べ-詳細)
PR

窒素(N)・・・葉を育てる成分
リン酸(P)・・・花や実を育てる成分
カリ(K)・・・根を育てる成分

開花を促すためには、リン酸の割合が多く含まれた肥料を与えると効果的です。リン酸は、窒素やカリと比べて吸収率が低いため、窒素4:リン酸10:カリ1のように極端にリン酸が多い肥料を使うことが望ましいです。

【園芸豆知識⑤】お酢で害虫対策

created by Rinker
アースガーデン
¥759 (2024/03/01 10:36:50時点 Amazon調べ-詳細)
PR

お酢には、病害虫の予防と駆除効果があり、家庭菜園で手軽に有機栽培がしたい方には、お酢を薄めたスプレーがおすすめです。

お酢のスプレーは、早朝や夕方、曇りの日など、気温の低い時に使用するようにしましょう。気温が高い晴れた日の昼間にお酢のスプレーをかけると、薬害を起こして葉が枯れることがあるので注意が必要です。

また、お酢の濃度が濃過ぎることも葉を枯らす原因になるので、適切な濃度(酸度0.2%程度)のものを使用するようにしましょう。

【園芸豆知識⑥】冬場の苗作りは保温マットが必須

植物の種が発芽するためには、「水」「空気(酸素)」「適した温度」の3つの要素が重要です。水と空気を提供することは簡単ですが、寒い季節に発芽適温を維持することは難しいことです。

発芽に適した温度は植物の種類によって異なりますが、一般的に15℃~30℃程度です。冬場に苗作りをする場合は、温室管理や保温マットなどを使って温度調節する必要があります。

Sponsored Links
\ よろしければシェアお願いします /
ラブリープランツ