ゴールドクレストが大きくなり過ぎ!大きくしない方法を紹介!

ゴールドクレストは北アメリカ原産のヒノキ科イトスギ属に分類される植物で、葉が一年中緑色の状態を保つ常緑針葉樹です。(ゴールドクレストは葉が黄色くなることもあります。)

針葉樹の植物を総称してコニファーと呼ぶこともあり、海外では広い庭にコニファーを地植えして、緑の空間を演出することが多いです。しかし、日本の気候や住宅環境を考えると、不向きなことがいくつかあります。

Sponsored Links

ゴールドクレストが大きくなり過ぎ…

ゴールドクレスト,大きくなり過ぎ,大きくしない方法,画像1ゴールドクレストは、北アメリカのカリフォルニア海岸に生育するモントレーイトスギを品種改良したものです。つまり、ゴールドクレストは、高木のイトスギなのです。

お店で販売されている鉢植えのゴールドクレストは樹高1m程度ですが、それを地植えすると数年で樹高が4mを超えます。ゴールドクレストにとって環境が良ければ、最大で20mまで育つこともあるのです。こうなっては、さすがに大きくなり過ぎなので、その前に剪定が必要です。

地植えしたゴールドクレストが大きくなり過ぎると、強風に煽られて倒木する可能性があります。ゴールドクレストは枝葉が密になっているので、風の影響を受けやすい上に、根が浅いので大きくなり過ぎたゴールドクレストは倒木しやすいのです。

Sponsored Links

また、ゴールドクレストは枝葉が密になっていることから、湿気の多い日本の気候では、木の中心部分が蒸れて枯れやすい傾向があります。ゴールドクレストを壁の近くに植えると、風通しの悪い壁面の方だけが枯れてしまうというケースもよくあります。

地植えのゴールドクレストを剪定しないで放っておくと、大きくなり過ぎて倒木の危険性があったり、蒸れて枯れてしまうこともあるので、地植えにするか鉢植えにするか迷っている方は、まずは、鉢植えで育ってみることおすすめします。

ゴールドクレストを大きくしない方法

ゴールドクレスト,大きくなり過ぎ,大きくしない方法,画像2ゴールドクレストの栽培は、蒸れ対策と大きくしないためにも、年に一度は剪定する必要があります。これは地植えと鉢植えの両方に言えることです。

ゴールドクレストを剪定する時期は、3月がベストです。4月から生育期に入るので、その直前に枝葉を切り落としたとしても、その後にどんどん成長してくれます。

ゴールドクレストの成長速度は、生育環境によって異なりますが、大抵は一年で15~20㎝程度成長します。まずは、主軸のトップを一年で成長する分だけ切り詰めます。その後、綺麗なツリー状になるように形を整えていきます。

この時、注意しておきたいのが、ゴールドクレストの枝は葉が少しでも残っていないとその後成長しません。葉の付いていない枝は枯れてしまうので、剪定する際には枝に葉を残すようにしましょう。

Sponsored Links

さらには、蒸れ対策のために、ゴールドクレストの内側の枝葉を間引いていきます。ゴールドクレストはコニファーの中でも、枝葉が非常に密な種類なので大変ですが、ツリー状のバランスを崩さないように、内側の枝葉を切り落として、風通しを良くしておくと良いでしょう。

すでに枯れて茶色くなってしまった枝葉は、手袋を着用して摘まみ取っておきましょう。一度枯れた枝は再生しないので、取り除いておくと良いでしょう。

ゴールドクレスト

Sponsored Links

おすすめの記事

グリーンネックレスがしわしわ・ぶよぶよになる原因は夏と冬の水やり!

観葉植物の保温カバー!防寒対策には不織布とビニール!

エバーフレッシュの葉がチリチリにねじれる原因は?水切れのサインを見逃さない!

芝刈り機の手動と電動はどっちがおすすめ?

ペチュニアの切り戻しの回数は?2回目は8月で9月に満開!

庭木・グランドカバーガーデニング

【園芸豆知識⑩】コガネムシの幼虫退治

created by Rinker
住友化学園芸
¥1,277 (2024/03/01 17:17:03時点 Amazon調べ-詳細)
PR

コガネムシは、春から夏にかけて活発に活動し、土の中に産卵します。卵から生まれた幼虫は、そのまま土の中で越冬し、春先にサナギから成虫になります。

コガネムシは、成虫が植物の葉を食べて、幼虫が根を食べる害虫です。特に土の中の幼虫は、根の被害が分かりにくいので厄介です。

コガネムシに効く薬剤として知られているのは「オルトランDX」です。オルトランDXを土に混ぜておくと、その殺虫成分を植物の根から吸い上げることで、根だけではなく葉にも殺虫効果が得られます。

【園芸豆知識⑪】発根を促す鉄分サプリメント

created by Rinker
メネデール
¥1,045 (2024/03/01 14:53:10時点 Amazon調べ-詳細)
PR

メネデールは、植物の発根を促すための鉄分が含まれた活力剤です。挿し木や種まき、苗の植え付け、植え替えなどの場面で使用することで、根の成長を促進することができます。

メネデールの使用方法はとても簡単で、原液を100倍に薄めた水を植物に水やりするだけです。メネデールは、農薬や肥料ではないので、発根を促したい成長期に毎回使うことができます。

【園芸豆知識⑫】液体除草剤と顆粒除草剤の使い分け

created by Rinker
アイリスオーヤマ(IRIS OHYAMA)
¥1,043 (2024/03/01 17:29:13時点 Amazon調べ-詳細)
PR
created by Rinker
レインボー薬品
¥4,227 (2024/03/01 17:29:14時点 Amazon調べ-詳細)
PR

除草剤は「液体タイプ」と「顆粒タイプ」の2種類があります。液体除草剤は、雑草に直接かけて使います。即効性があるので、すでに増えてしまった雑草に効果的です。

顆粒除草剤は、土の中にゆっくりと浸透させて使い、長期間効果が持続するのが特徴です。すでに生えている雑草にも使えますが、効果の持続性を生かして、雑草が生える前に撒くことで予防する使い方がおすすめです。

Sponsored Links
\ よろしければシェアお願いします /
ラブリープランツ