ルバーブの苗は赤い茎を選ぶ!種から育てる時は固定種がおすすめ

ルバーブは赤い茎の部分をジャムやスイーツなどに使う西洋野菜です。原産地がシベリアなので寒さに強いことから、日本では主に北海道や長野県などで栽培されています。

ルバーブの栽培方法は、苗または種から育てることが一般的です。今回は、ルバーブの苗と種を選ぶ際のポイントについて紹介します。

Sponsored Links

ルバーブの苗は赤い茎を選ぶ

ルバーブ,苗,赤,種,固定種,画像3ルバーブは、さっぱりとした酸味と苦みが特徴で、茎の色が赤いほど美味しいと言われています。この赤い色素は、ポリフェノールの一種のアントシアニンという成分で、その他にも各種ビタミン・ミネラル、食物繊維などが豊富に含まれています。

ルバーブの葉の部分は、硝酸が多く含まれているので食べません。茎の部分の酸味を生かして、甘酸っぱいジャムやスイーツなどを作ることが一般的です。

ルバーブは茎の色が赤いほど美味しいので、苗を選ぶ際は、比較的茎が赤いものを選ぶことがポイントです。ルバーブの茎の色は、成長とともに赤味が増すことはほとんどありません。茎の色は個体の遺伝子によって異なり、緑の茎のルバーブは成長しても緑のままです。

Sponsored Links

ルバーブはシベリア原産の植物なので、寒い環境で育てると茎の赤味が増すと言わることもありますが、栽培環境よりも遺伝的な影響が大きいように思えます。

ルバーブの栽培方法は、種と苗の2種類がありますが、苗は購入前に茎の色を見比べることができるので種から育てるよりも安心です。苗の販売店で、より赤い茎の苗を選ぶと良いでしょう。

ルバーブを種から育てる時は固定種がおすすめ

ルバーブ,苗,赤,種,固定種,画像4植物の種は、主に「固定種」と「F1種」の2種類があります。「固定種」は、自家採取などで親の遺伝子を代々受け継いでいるので、性質や形が同じ植物になります。「F1種」は、異なる優良な形質を持つ親を掛け合わせて作った種で、性質や形が異なる場合があります。

ルバーブの場合は、茎が赤くなる性質を持つ遺伝子を受け継いている種が良いので、「固定種」の種の方がおすすめです。

「固定種」や「F1種」など明記されていないルバーブの種は、茎が赤いものと緑のもので当たり外れがあるかもしれません。いざルバーブを育ててみたら、思ってたより茎が赤くならなかったということがよくあります。

Sponsored Links

茎の赤味が強いルバーブに育ったら、その株の種を採取しておくと、また来年も茎が赤くて美味しいルバーブを育てることができます。ルバーブは株分けでも増やすことができるので、茎が赤い株に育ったら、どんどん株分けして増やしていくこともおすすめです。

固定種のルバーブの種


Sponsored Links

おすすめの記事

オレガノとタイムの違い!寄せ植えの相性は?

ミントの葉が白くなる原因は?ミントの虫除け効果は害虫の種類による

シンビジウムは花芽を残して葉芽を取る!花が咲いたらどうする?

ウツボカズラの枯れた袋は切る!袋ができない原因は?

ワイヤープランツを地植えすると増え過ぎる!駆除するにはどうする?

ハーブ家庭菜園

【園芸豆知識④】花や実の成長を促す肥料

created by Rinker
花ごころ
¥412 (2024/04/23 13:40:39時点 Amazon調べ-詳細)
PR

窒素(N)・・・葉を育てる成分
リン酸(P)・・・花や実を育てる成分
カリ(K)・・・根を育てる成分

開花を促すためには、リン酸の割合が多く含まれた肥料を与えると効果的です。リン酸は、窒素やカリと比べて吸収率が低いため、窒素4:リン酸10:カリ1のように極端にリン酸が多い肥料を使うことが望ましいです。

【園芸豆知識⑤】お酢で害虫対策

created by Rinker
アースガーデン
¥734 (2024/04/22 17:07:16時点 Amazon調べ-詳細)
PR

お酢には、病害虫の予防と駆除効果があり、家庭菜園で手軽に有機栽培がしたい方には、お酢を薄めたスプレーがおすすめです。

お酢のスプレーは、早朝や夕方、曇りの日など、気温の低い時に使用するようにしましょう。気温が高い晴れた日の昼間にお酢のスプレーをかけると、薬害を起こして葉が枯れることがあるので注意が必要です。

また、お酢の濃度が濃過ぎることも葉を枯らす原因になるので、適切な濃度(酸度0.2%程度)のものを使用するようにしましょう。

【園芸豆知識⑥】冬場の苗作りは保温マットが必須

植物の種が発芽するためには、「水」「空気(酸素)」「適した温度」の3つの要素が重要です。水と空気を提供することは簡単ですが、寒い季節に発芽適温を維持することは難しいことです。

発芽に適した温度は植物の種類によって異なりますが、一般的に15℃~30℃程度です。冬場に苗作りをする場合は、温室管理や保温マットなどを使って温度調節する必要があります。

Sponsored Links
\ よろしければシェアお願いします /