農作業の日焼け対策グッズ!日よけ帽子&アームカバーがおすすめ!

家庭菜園を楽しむ農業女子にとって、日焼け対策はとても重要なことです。農作業に夢中になって長い間炎天下にさらされると、気が付けば日焼けだらけなんてことも…。そうならないように今回は、農作業に使える日焼け対策グッズとして、おすすめの「日よけ帽子」と「アームカバー」を紹介します。

Sponsored Links

農作業の日焼け対策グッズ

農作業,日焼け対策,グッズ,日よけ帽子,アームカバー,画像

おすすめの日よけ帽子(レディース)

日よけ帽子は、日差しを遮ることが目的なので、できるだけ帽子のツバが広いものを選ぶことがポイントです。また、農作業中は前屈みで作業をすることが多いため、首周りに日焼けを起こしやすいです。ですから、農作業で使用する日よけ帽子は、首周りのケアが充実したものを選びましょう。

ここで紹介している日よけ帽子は、帽子のツバがとても広く、首周りのケアも充実しています。UVカット素材で出来ているの日焼け対策グッズとしておすすめです。

Sponsored Links

この商品のおすすめポイントは、帽子のツバ、キャップトップ、首周りパット、マスクの4つのパーツに分解できることです。これによって、帽子のツバだけでサンバイザーとして使えたり、キャップトップを加えて通常の帽子として使えたり、必要に応じてパットやマスクを加えて紫外線対策を強化することもできます。

このように帽子の形を変えることで、農作業だけではなく、キャンプやハイキングなど、アウトドアの様々なシーンで使うことができます。

日よけ帽子を使わない時は、ツバの部分を丸めて収納できます。商品カラーは、グレー、ネイビー、ベージュの3色があります。

おすすめのアームカバー(男女兼用)

日焼け対策のために長袖のウェアを着ていると、さすがに暑さが厳しいものです。そんな時には、腕の部分だけをケアしてくれるUVカットのアームカバーがおすすめです。

この商品は、UVカット率99%で紫外線保護指数は最高ランクのUPF50+もあります。素材がX状の断面をした特殊なポリエステル繊維を使用しているので、伸縮性が高く肘の曲げ伸ばしが楽にできます。

Sponsored Links

農作業中に汗をかくと、気化熱の作用により冷却効果があります。直射日光が続くと暑さを感じますが、風に当たるとひんやりとした着心地を実感できます。

ゴワゴワとした長袖のウェアを着込むよりも、半袖にアームカバーを付けるだけで動きやすい軽装になり、快適に農作業をができるのでおすすめです。

商品カラーは、ブラックとホワイトがあります。農作業以外でも、アウトドアの際に使用できますし、車を長時間運転する方は、ドライブ中の日焼け対策にも使えます。
Sponsored Links

おすすめの記事

挿すタイプの液体肥料/活力剤が減らない・すぐ無くなる理由とは?

シクラメンは休眠後の水やりが失敗の主な原因

芝刈り機の手動と電動はどっちがおすすめ?

観葉植物の霧吹きおすすめ!細かいミストで床が濡れにくいのはコレ!

多肉植物の鉢でオシャレ可愛いユニーク商品を紹介!

野菜・果物家庭菜園

【園芸豆知識④】花や実の成長を促す肥料

created by Rinker
花ごころ
¥412 (2024/04/22 13:39:57時点 Amazon調べ-詳細)
PR

窒素(N)・・・葉を育てる成分
リン酸(P)・・・花や実を育てる成分
カリ(K)・・・根を育てる成分

開花を促すためには、リン酸の割合が多く含まれた肥料を与えると効果的です。リン酸は、窒素やカリと比べて吸収率が低いため、窒素4:リン酸10:カリ1のように極端にリン酸が多い肥料を使うことが望ましいです。

【園芸豆知識⑤】お酢で害虫対策

created by Rinker
アースガーデン
¥734 (2024/04/22 17:07:16時点 Amazon調べ-詳細)
PR

お酢には、病害虫の予防と駆除効果があり、家庭菜園で手軽に有機栽培がしたい方には、お酢を薄めたスプレーがおすすめです。

お酢のスプレーは、早朝や夕方、曇りの日など、気温の低い時に使用するようにしましょう。気温が高い晴れた日の昼間にお酢のスプレーをかけると、薬害を起こして葉が枯れることがあるので注意が必要です。

また、お酢の濃度が濃過ぎることも葉を枯らす原因になるので、適切な濃度(酸度0.2%程度)のものを使用するようにしましょう。

【園芸豆知識⑥】冬場の苗作りは保温マットが必須

植物の種が発芽するためには、「水」「空気(酸素)」「適した温度」の3つの要素が重要です。水と空気を提供することは簡単ですが、寒い季節に発芽適温を維持することは難しいことです。

発芽に適した温度は植物の種類によって異なりますが、一般的に15℃~30℃程度です。冬場に苗作りをする場合は、温室管理や保温マットなどを使って温度調節する必要があります。

Sponsored Links
\ よろしければシェアお願いします /