クロトンの葉が落ちる原因!葉の色が黄色や赤くならない時は?

クロトン(別名:ヘンヨウボク)は、黄色や赤の鮮やかなカラーリーフが楽しめる植物ですが、その肝心の葉っぱが、全て枯れ落ちてしまうことがあります。今回は、クロトンの葉が落ちる原因について紹介します。

記事の後半では、クロトンの葉の色が黄色や赤くならないで、緑色のままになってしまう原因についても解説していますので、合わせてご覧ください。

Sponsored Links

クロトンの葉が落ちる原因

クロトン,葉が落ちる,原因,葉の色,黄色,赤くならない,画像1クロトンの葉が落ちる原因については、害虫被害や根腐れなど様々なことが考えられますが、可能性が高い原因の1つとして「寒さ」による影響が挙げられます。

クロトンは、ジャワ島やマレーシアなどに自生する熱帯性の常緑低木です。熱帯性の植物なので、寒さに非常に弱いという特徴があります。

クロトンは、春から秋にかけての暖かい時期には、屋外で管理しますが、気温が15℃を下回ると株が弱ってしまうので、冬場は暖かい室内で管理することが大切です。

冬の時期は、暖房をつけていないと室内でも15℃を下回ることがあるので、本州ではクロトンの冬越しに失敗することが多いです。クロトンを寒い場所に置いておくと、休眠状態になり次々と葉が落ちていきます。酷い時は、全ての葉が落ちることもあります。

クロトンの葉が落ちた時にやってはいけないのは、水を与え過ぎることで、葉が無くなった状態では、多くの水分を吸い上げることができません。冬の時期にクロトンの葉が落ちてしまったら、水やりを控えて暖かい場所で越冬し、春に新芽が出ることを期待して、しばらく様子を見ましょう。

Sponsored Links

クロトンの葉の色が黄色や赤くならない時は?

クロトン,葉が落ちる,原因,葉の色,黄色,赤くならない,画像2クロトンには100を超える園芸品種が存在します。斑の色が黄色、赤、オレンジなどに染まるものや、葉の形が広いものや細いものなど、見た目のバリエーションが豊富な植物です。

クロトンは、鮮やかなカラーリーフが楽しめることが魅力の植物ですが、クロトンの葉の色が黄色や赤くならないで、いつまで経っても緑色のままということがあります。

クロトンの葉の色が変わらない主な原因は「日照不足」です。クロトンを日当たりの悪い場所に置いてしまうと、黄色や赤の鮮やかな葉色になりません。

Sponsored Links

春から秋の暖かい季節には、クロトンを屋外で管理し、直射日光に当てると綺麗な葉色になります。十分な光量を得られないと、濃い緑色の葉のままになってしまいます。クロトンの新芽はカラフルで綺麗なものが多いのですが、日光が当たりにくい下葉は濃い緑色になることが多いです。

夏以降に黄色や赤の斑が淡くなり、緑色の葉になる現象を、「後暗み(読み:のちくらみ、あとくらみ)」と言います。これは、日照不足の環境下で光合成をするために、葉緑素が増えたことが原因です。

クロトン

created by Rinker
ITANSE
¥7,980 (2024/04/23 11:51:13時点 Amazon調べ-詳細)
PR

Sponsored Links

おすすめの記事

幸福の木の葉が黄色くなる原因!葉がシワシワに波打って垂れ下がる時は?

アガベ・パリーの地植えは耐寒性よりも雨ざらしに要注意!

エクメアの子株の株分け方法

シマトネリコが4月に葉が落ちる!秋冬に落葉する原因とは?

油粕と発酵油粕の違い!虫がわく時は?