クリスマスローズの葉を切る時期と剪定方法!古葉切りを行う理由とは?

クリスマスローズは、花芽ができる冬の時期に葉を切る「古葉切り」作業を行うことがあります。今回は、クリスマスローズの葉を切る時期と剪定方法を紹介します。まずは、古葉切りを行う理由について確認していきましょう。

Sponsored Links

クリスマスローズの古葉切りを行う理由とは?

クリスマスローズ,葉を切る時期,剪定,古葉切り,なぜ,画像1クリスマスローズの古葉切りを行う主な理由は2つあります。1つ目の理由は、花を綺麗に見せるためです。クリスマスローズの葉は冬の間も枯れずに残ります。生い茂った葉が後から伸びてくる花芽を隠してしまわないように、古い葉を切っておくと綺麗な花を楽しむことができます。

2つ目の理由は、クリスマスローズの花付きを良くするためです。葉を切ることで、養分を葉の成長に使わずに花芽を育てるために使うようになります。古葉切りをしておくと、開花の時期が早まる傾向があります。複数の株をお持ちの方は、古葉切りを行った株と、古葉切りを行わなかった株を見比べてみると、花付きの違いが分かると思います。

古葉切りは、クリスマスローズをより良く楽しむための知恵なので、できればやった方が良いのですが、古葉切りをやらなかったからといって、クリスマスローズの花が咲かないわけではありません。

人によっては、クリスマスローズの花と葉の両方を楽しみたいという方もいらっしゃるので、古葉切りを行うかどうかは、育てる人の好みによるところが大きいです。

Sponsored Links

クリスマスローズの葉を切る時期と剪定方法

クリスマスローズ,葉を切る時期,剪定,古葉切り,なぜ,画像2クリスマスローズの古葉切り作業は、株元に花芽ができてから葉を切ります。花芽ができる時期は、地域によって異なりますが、関東より南の暖地であれば、12月に入ってから花芽が付き始めるので、この頃がクリスマスローズの葉を切る時期になります。関東よりも北の寒い地域では、11月頃に花芽が付き始めます。

クリスマスローズの葉芽は先が尖っているのですが、花芽はふっくらと丸いのが特徴です。葉芽は春と秋にできますが、花芽は冬の時期にできるので、葉芽と花芽を見分けることは簡単です。

クリスマスローズの古葉切りの剪定方法は、葉の部分が無くなればどんな切り方でも良いのですが、あまりに短く切り過ぎてしまうと、土壌の蒸れや雨水の跳ね返りで、切り口がカビてしまうことがあるので、地際から10㎝くらい茎を残して、葉っぱの部分を切り取ると良いでしょう。剪定後に残った茎は、しばらく経つと水分を失って自然に枯れていきます。枯れた茎は、摘まんで簡単に取ることができます。

Sponsored Links

クリスマスローズの葉芽は春にできることが多いので、古葉の多くは春にできた葉なのですが、中には秋にできた葉もあります。できれば秋の葉は、来季の花芽のために切らずに残しておく方が良いです。

春の葉は古葉なので硬く傷んでいるのが特徴で、秋の葉はまだ新しく柔らかいのが特徴です。見比べてみると、春の葉よりも秋の葉の方が奇麗なので、すぐ分かると思います。

クリスマスローズの肥料

created by Rinker
ハイポネックス
¥1,021 (2024/04/23 10:48:38時点 Amazon調べ-詳細)
PR

クリスマスローズ専用用土

created by Rinker
花ごころ
¥496 (2024/04/23 10:48:39時点 Amazon調べ-詳細)
PR

クリスマスローズ

Sponsored Links

おすすめの記事

クロトンの葉が落ちる原因!葉の色が黄色や赤くならない時は?

サンスベリアの葉が垂れて広がる!ねじれて曲がる原因とは?

クリスマスローズの株分け失敗の原因は?3月~4月の時期の株分けは地域による!

スナップエンドウのつるありとつるなしの違いは?冬越しに失敗する意外な原因を紹介!

食虫植物には駄温鉢がおすすめ!腰水は鉢底石の高さまで!

草花ガーデニング

【園芸豆知識⑩】コガネムシの幼虫退治

created by Rinker
住友化学園芸
¥1,277 (2024/04/22 22:08:23時点 Amazon調べ-詳細)
PR

コガネムシは、春から夏にかけて活発に活動し、土の中に産卵します。卵から生まれた幼虫は、そのまま土の中で越冬し、春先にサナギから成虫になります。

コガネムシは、成虫が植物の葉を食べて、幼虫が根を食べる害虫です。特に土の中の幼虫は、根の被害が分かりにくいので厄介です。

コガネムシに効く薬剤として知られているのは「オルトランDX」です。オルトランDXを土に混ぜておくと、その殺虫成分を植物の根から吸い上げることで、根だけではなく葉にも殺虫効果が得られます。

【園芸豆知識⑪】発根を促す鉄分サプリメント

created by Rinker
メネデール
¥1,045 (2024/04/22 18:23:35時点 Amazon調べ-詳細)
PR

メネデールは、植物の発根を促すための鉄分が含まれた活力剤です。挿し木や種まき、苗の植え付け、植え替えなどの場面で使用することで、根の成長を促進することができます。

メネデールの使用方法はとても簡単で、原液を100倍に薄めた水を植物に水やりするだけです。メネデールは、農薬や肥料ではないので、発根を促したい成長期に毎回使うことができます。

【園芸豆知識⑫】液体除草剤と顆粒除草剤の使い分け

created by Rinker
アイリスオーヤマ(IRIS OHYAMA)
¥822 (2024/04/22 22:08:24時点 Amazon調べ-詳細)
PR
created by Rinker
レインボー薬品
¥4,069 (2024/04/22 22:18:25時点 Amazon調べ-詳細)
PR

除草剤は「液体タイプ」と「顆粒タイプ」の2種類があります。液体除草剤は、雑草に直接かけて使います。即効性があるので、すでに増えてしまった雑草に効果的です。

顆粒除草剤は、土の中にゆっくりと浸透させて使い、長期間効果が持続するのが特徴です。すでに生えている雑草にも使えますが、効果の持続性を生かして、雑草が生える前に撒くことで予防する使い方がおすすめです。

Sponsored Links
\ よろしければシェアお願いします /