ニンニク栽培は種球を埋めるだけ!芽が出ない時はどうする?

ニンニク栽培は、食べているニンニクの部分を1片ずつ分解して土に埋めるだけです。その後の管理は雑草取りくらいなので、家庭菜園初心者でも簡単に育てることができます。

Sponsored Links

ニンニク栽培は種球を埋めるだけ!

ニンニク,栽培,埋める,芽が出ない,画像3ニンニクをより良く栽培するためには、肥料やマルチングなどが必要ですが、基本的にニンニクは生命力が非常に強い野菜なので、種になる球根「通称:種球」を土に埋めるだけで栽培できます。

種球を植え付ける時期は、9月~11月上旬頃になります。ニンニクの種球の皮を剥いて、1片ずつに分けて土に植えていきます。ニンニクを植え付ける際の注意点は、種球の皮を剥いた時に腐っていないかを確認することと、上下を間違えないように植えるということです。

種球を植える場所は畑でもプランターでもOKです。種球は3㎝くらいの深さに埋めるのがポイントで、種球を植えてから1ヶ月程度で芽が出てきます。

9月~11月上旬頃に種球を植え付ける栽培方法は、寒地系ニンニクの代表品種である「ホワイト6片」という品種がおすすめです。ただし、スーパーで買ってきたニンニクを埋めても、大抵は芽が出るので簡単に栽培できます。

Sponsored Links

ニンニクは、寒い時期には葉だけが伸びますが、春になると茎が伸びてきます。このことを「トウ立ち」と言い、この時期に柔らかい茎を収穫して食べることができます。

5月末頃になると、徐々にニンニクの葉が枯れてきます。この時期が収穫のタイミングです。ニンニクの葉が完全に枯れてしまうと、収穫のタイミングが遅れて、球根が割れてしまうことがあるので注意しましょう。

ニンニクを大きくするには肥料とマルチング

ニンニクは肥料を好む野菜ですが、与え過ぎると球根が腐ってしまうので、元肥は1㎡辺り堆肥3Lと有機肥料200㏄程度で十分です。植え付け3週間前に土作りをしておきましょう。ニンニクをプランターで栽培する場合は、元肥の入った家庭菜園用の土を使うと便利です。

畑で栽培する場合は、マルチングをすると保温や雑草対策になります。追肥は12月頃に有機肥料10㏄ずつ、マルチングの植え穴に入れていきます。

Sponsored Links

ニンニクの芽が出ない時はどうする?

ニンニク,栽培,埋める,芽が出ない,画像4ニンニクの種球を埋めると、1ヶ月後には芽が出てきます。1ヶ月経っても芽が出ない場合は、種球が腐っている可能性があります。

そんな時は一度種球を掘り上げて、腐って柔らかくなっていないかを確認する必要があります。ニンニクの植え付けは11月まで可能なので、種球が腐っていた場合は新しい種球を植え付けておきましょう。

ニンニクの種球は湿気に弱いので、基本的に水やりはほとんどやらなくて大丈夫です。土を掘ってみて土の中が乾燥している時に水やりをする程度で十分です。ですから、ニンニク栽培は種球を埋めるだけで、後はほとんど手間がかからないので、家庭菜園初心者におすすめです。

ニンニク「ホワイト6片」

Sponsored Links

おすすめの記事

ほうれん草を甘くする栽培方法!えぐみ・苦味の原因は?

農作業の日焼け対策グッズ!日よけ帽子&アームカバーがおすすめ!

グズマニアが色あせて花が終わったら子株を株分け!

月下美人のシュートの処理と挿し木の切り方

クリスマスローズの株分け失敗の原因は?3月~4月の時期の株分けは地域による!

野菜・果物家庭菜園

【園芸豆知識④】花や実の成長を促す肥料

created by Rinker
花ごころ
¥412 (2024/03/01 07:42:31時点 Amazon調べ-詳細)
PR

窒素(N)・・・葉を育てる成分
リン酸(P)・・・花や実を育てる成分
カリ(K)・・・根を育てる成分

開花を促すためには、リン酸の割合が多く含まれた肥料を与えると効果的です。リン酸は、窒素やカリと比べて吸収率が低いため、窒素4:リン酸10:カリ1のように極端にリン酸が多い肥料を使うことが望ましいです。

【園芸豆知識⑤】お酢で害虫対策

created by Rinker
アースガーデン
¥759 (2024/03/01 10:36:50時点 Amazon調べ-詳細)
PR

お酢には、病害虫の予防と駆除効果があり、家庭菜園で手軽に有機栽培がしたい方には、お酢を薄めたスプレーがおすすめです。

お酢のスプレーは、早朝や夕方、曇りの日など、気温の低い時に使用するようにしましょう。気温が高い晴れた日の昼間にお酢のスプレーをかけると、薬害を起こして葉が枯れることがあるので注意が必要です。

また、お酢の濃度が濃過ぎることも葉を枯らす原因になるので、適切な濃度(酸度0.2%程度)のものを使用するようにしましょう。

【園芸豆知識⑥】冬場の苗作りは保温マットが必須

植物の種が発芽するためには、「水」「空気(酸素)」「適した温度」の3つの要素が重要です。水と空気を提供することは簡単ですが、寒い季節に発芽適温を維持することは難しいことです。

発芽に適した温度は植物の種類によって異なりますが、一般的に15℃~30℃程度です。冬場に苗作りをする場合は、温室管理や保温マットなどを使って温度調節する必要があります。

Sponsored Links
\ よろしければシェアお願いします /
ラブリープランツ