人参が発芽しない!大きくならない原因は?

人参栽培は、発芽させることが少し難しいので、ちょっとしたコツが必要です。今回は、人参が発芽しない原因と人参が大きくならない原因について紹介します。

Sponsored Links

人参が発芽しない!発芽のコツは?

人参,発芽しない,大きくならない,原因,画像1

種まきの時期

人参は、春まきと夏まきの年2回栽培することができます。春に人参の種をまく春まき栽培は、2~3月に種まきをして、7月頃から収穫できます。夏に人参の種をまく夏まき栽培は、7~8月に種まきをして、10月頃から収穫できます。

人参の種が発芽するためには、15℃~25℃が必要です。特に春まき栽培は、種まきの時期が早過ぎると、寒さが原因で人参が発芽しないことがあるので注意が必要です。

Sponsored Links

発芽するまでは乾燥させない

人参の種をまく前日に、一晩種を水に浸けておくと発芽しやすくなります。人参の種は乾燥すると発芽しないことがあるので、人参の種をまいた後に、上からワラや籾殻を被せて水分を保持すると良いしょう。

ワラや籾殻がない場合は、枯れ葉を細かくしたもので代用できます。不織布などを使って水分保持しても良いです。

種の上から土を被せ過ぎない

人参はセリ科の野菜なので好光性種子になります。好光性種子は、発芽する際に光を必要とする種なので、人参の種をまいた上から土を被せ過ぎてしまうと、発芽しない原因になります。

ですから、人参栽培は、種をまいてから軽く土をかけて、上から土を押さえておくと良いでしょう。土を鎮圧することで水持ちが良くなります。

人参が大きくならない原因

人参,発芽しない,大きくならない,原因,画像2

間引き作業で株間を空ける

人参栽培は、複数の株が密集していると、お互いに水分と養分を奪い合って、人参が大きくならない原因になります。ですから、人参の種が発芽してから本葉が出た後に、1回か2回に分けて間引き作業を行う必要があります。

人参の種をすじまきした後に本葉が2~3枚になったら、3~5㎝間隔で1回目の間引き作業を行います。そして、本葉が6~8枚になったら、2回目の間引きを行い、最終的には株と株の間を15㎝程度にします。

Sponsored Links

除草作業

人参栽培は発芽させることが少し難しいですが、芽が出てしまえば病害虫の被害も少ないので育てやすい野菜です。しかし、発芽してから根が肥大するまでの初期段階で、周辺に雑草があると養分を奪われて、人参が大きくならないことがあります。

人参栽培は小まめに雑草を抜くことが大切ですが、手間をかけられない方は、雑草予防のためにマルチングをしておくと良いでしょう。マルチングをする場合は、マルチングに15㎝間隔に穴を空けて、点まき栽培をすると良いでしょう。

土を深く耕す

人参は真っすぐ根が伸びる直根性の野菜なので、種をまく前に土を深く耕しておかないと、硬い土が根の成長を妨げてしまい、人参が大きくならないことがあります。

しっかり耕さずに石や肥料の塊が残っていると、それらに成長途中の根がぶつかり、根が二股に分かれてしまうことがあります。この状態を「股根(またね)」と言います。

人参の種

created by Rinker
タキイ種苗
¥704 (2024/03/01 15:53:31時点 Amazon調べ-詳細)
PR

Sponsored Links

おすすめの記事

トウモロコシの粒が不揃い!実がスカスカで並びが悪い原因は?

サンスベリアの根が張らない!根元がグラグラで根がない時は?

トックリランの幹が「シワシワ」「ブヨブヨ」に萎む原因は?

ハエトリソウの葉が開かない!いつ開くの?

温帯睡蓮・熱帯睡蓮・姫睡蓮の違い!冬越ししやすいのはムカゴ種!

野菜・果物家庭菜園

【園芸豆知識④】花や実の成長を促す肥料

created by Rinker
花ごころ
¥412 (2024/03/01 07:42:31時点 Amazon調べ-詳細)
PR

窒素(N)・・・葉を育てる成分
リン酸(P)・・・花や実を育てる成分
カリ(K)・・・根を育てる成分

開花を促すためには、リン酸の割合が多く含まれた肥料を与えると効果的です。リン酸は、窒素やカリと比べて吸収率が低いため、窒素4:リン酸10:カリ1のように極端にリン酸が多い肥料を使うことが望ましいです。

【園芸豆知識⑤】お酢で害虫対策

created by Rinker
アースガーデン
¥759 (2024/03/01 10:36:50時点 Amazon調べ-詳細)
PR

お酢には、病害虫の予防と駆除効果があり、家庭菜園で手軽に有機栽培がしたい方には、お酢を薄めたスプレーがおすすめです。

お酢のスプレーは、早朝や夕方、曇りの日など、気温の低い時に使用するようにしましょう。気温が高い晴れた日の昼間にお酢のスプレーをかけると、薬害を起こして葉が枯れることがあるので注意が必要です。

また、お酢の濃度が濃過ぎることも葉を枯らす原因になるので、適切な濃度(酸度0.2%程度)のものを使用するようにしましょう。

【園芸豆知識⑥】冬場の苗作りは保温マットが必須

植物の種が発芽するためには、「水」「空気(酸素)」「適した温度」の3つの要素が重要です。水と空気を提供することは簡単ですが、寒い季節に発芽適温を維持することは難しいことです。

発芽に適した温度は植物の種類によって異なりますが、一般的に15℃~30℃程度です。冬場に苗作りをする場合は、温室管理や保温マットなどを使って温度調節する必要があります。

Sponsored Links
\ よろしければシェアお願いします /
ラブリープランツ