エケベリアの下の葉が枯れる原因は?葉が黄色くなって落ちる!

役目を終えた古い下の葉が枯れることは、古い葉と新しい葉の生え変わりによるものなので全く問題ないのですが、エケベリアは調子が悪い時も下の葉が枯れることがあります。今回は、エケベリアの下の葉が黄色くなって落ちる時に考えられる原因について紹介します。

Sponsored Links

エケベリアの下の葉が枯れる原因

水やりは与え過ぎても与えなさ過ぎてもNG

エケベリア,下の葉が枯れる,原因,黄色,葉が落ちる,画像1古い葉と新しい葉の生え変わり以外で考えると、エケベリアの下の葉が枯れる原因で最も多いのが「水やり」の問題です。エケベリアは100円ショップでも購入できるほどポピュラーな多肉植物ですが、実は水やりのタイミングが非常に難しい植物です。園芸初心者はついつい水を与え過ぎてしまって、エケベリアが調子を崩してしまうことがよくあります。

エケベリアは春と秋に生育が良くなる春秋型の多肉植物で、生育が鈍る夏と冬の時期は水やりを控える必要があります。夏と冬の休眠期は、エケベリアが多くの水分を必要としていません。ですから、休眠期に水を与え過ぎると、土の中が常に蒸れた状態になるので、エケベリアが根腐れを引き起こすことがあるのです。その結果、エケベリアが調子を崩して下の葉が枯れることがあります。

水やりは与え過ぎても与えなさ過ぎても良くありません。エケベリアは多肉質な葉の中にたくさんの水分を蓄えているので、頻繁に水やりをする必要はないのですが、だからと言って、あまりに水やりをしていないと、水切れが原因でエケベリアの下の葉が枯れることもあります。

Sponsored Links

エケベリアの水やりの頻度は、栽培環境によって大きく異なるため、はっきりとしたことは言えないのですが、基本的には、春と秋の生育期の水やり方法は、土の中の水分が乾いたタイミングで水を与えます。鉢を持ってみて軽くなったら水やりをするという感じです。

高温多湿の夏場は水を与えると根腐れの原因になるので、夏は断水して強制的に休眠させます。冬の休眠期も水やりを控えるようにしましょう。

Sponsored Links

エケベリアは風通しの良い場所で管理する

エケベリア,下の葉が枯れる,原因,黄色,葉が落ちる,画像2エケベリアを風通しの悪い場所で管理すると、葉の間に溜まった水が原因で葉が黄色くなって落ちることがあります。特に下の葉は表土の蒸れの影響を受けやすいので注意が必要です。

エケベリアを鉢に植える時は、株を垂直に立てて仕立てることが多いですが、原産地に自生しているエケベリアは、太陽に向かって生えているので、株が傾いていることが多いです。株が傾いていることで葉に付いた雨水が流れやすく、株が太陽に向いていることで付着した雨水が乾燥しやすい。

エケベリアを垂直に立てて、下の葉ぎりぎりで鉢に植えていると、どうしても下の葉が蒸れやすくなります。これは綺麗に見せる仕立て方なので仕方のないことですが、エケベリアの下の葉が枯れるのを防ぐためには、風通しの良い場所で管理することが大切です。室内で栽培している場合は、サーキュレーターを利用すると良いでしょう。

エケベリアの水やりは、株の上から水をかけるのではなく、株元に水を与えるようにしましょう。葉に付いた水滴はブロアーを使って吹き飛ばしておくと、乾きやすくなります。

サーキュレーター

ブロアー

created by Rinker
ユーエヌ
¥600 (2024/03/01 21:04:36時点 Amazon調べ-詳細)
PR

エケベリア

Sponsored Links

おすすめの記事

エケベリアの花が咲いたら?花芽の処理方法を紹介!

ホヤ(サクララン)の花が咲かない原因と花の咲かせ方

スナップエンドウのつるありとつるなしの違いは?冬越しに失敗する意外な原因を紹介!

ノリウツギ/アナベル/ガクアジサイ/西洋アジサイの違い

チランジア(エアプランツ)の寒さに強い品種!屋外で冬越しできるの?