パンジーやビオラの茎が倒れる!伸び過ぎたら切り戻し!

パンジーやビオラを育て始めた秋頃は大丈夫だったのに、春になり暖かくなってくると、急にパンジーやビオラの茎が倒れることがよくあります。今回は、パンジーやビオラの茎が倒れる原因と、伸び過ぎた茎の切り戻し方法について紹介します。

Sponsored Links

パンジーやビオラの茎が倒れる原因

パンジー,ビオラ,茎が倒れる,伸び過ぎたら,切り戻し,画像1パンジーやビオラの成長点は茎の先端の方になり、上へどんどん伸びていくわりには茎が柔らかいので、上部の葉の重みで茎が倒れることがよくあります。特に生育が旺盛になる春の時期は、茎がヒョロヒョロに伸び過ぎてしまうので、この時期のパンジーやビオラは、茎が倒れやすくなります。

それに加えて、水やりを怠って水分不足になると、茎の弾力が弱まるので茎が倒れる原因になります。鉢植えの場合は、表土が乾いたら鉢底から水が流れ出るまで、たっぷりと水やりをします。地植えの場合は、植え付け直後には活着のために水やりをしますが、根付いたらほとんど水やりの必要はありません。

徒長して倒れてしまった茎は元には戻らないので、切り戻しや部分的に剪定をする必要があります。次ではパンジーやビオラの茎が倒れる時の対処法について紹介していきます。

Sponsored Links

パンジーやビオラの茎が伸び過ぎたら切り戻し

パンジーやビオラは、暖かい季節に徒長しやすいので、10月下旬から11月になってから苗を植え付けると良いでしょう。そして、苗が根付いたら12月までに切り戻しを行います。切り戻しの目的は、徒長した茎が倒れるのを防ぐことと、茎を切ることで脇芽を増やして花付きを良くすることになります。

12月までに行う切り戻しの方法は、株元から2、3枚の葉を残して、茎を切り取ります。花茎も付け根から切り取っておきましょう。この時に黄色く枯れた下葉も綺麗に取り除いておくと、枯れ葉から発生する病害の予防になります。

Sponsored Links

4月頃に伸び過ぎた茎を切り取る作業は、切り戻しという言うよりも、間延びした茎を切り取る部分的な剪定になります。パンジーやビオラを株元から2、3枚の葉を残してバッサリと切り戻してしまうと、元の状態に戻るまでに30~40日くらいかかります。ですから、4月頃に大胆に切り戻しをしてしまうと、残り開花時期に花を楽しむことができなくなってしまいます。

4月頃に行う剪定方法は、伸び過ぎた茎だけを、株元から3枚以上の葉を残して、株の形を整えるように切り取ります。この作業を事前にやっておくと、パンジーやビオラの茎が倒れるのを防ぐことができます。

徒長しにくく花付きが良いビオラ・ディージェイ

パンジー,ビオラ,茎が倒れる,伸び過ぎたら,切り戻し,画像2

プレミアムビオラ DJ ‘ローズピンク’

ビオラ・ディージェイは、シンジェンタという種苗メーカーが開発したブランド苗で、生育と花付きが抜群に良いのが特徴です。耐寒性・耐暑性に優れた苗なので、温度変化によって茎がヒョロヒョロに伸びてしまうことがほとんどありません。

ビオラ・ディージェイは、通常のビオラとは比べものにならないくらい、たくさんの花を咲かせてくれますし、地植えにすると横幅が30㎝くらいまで成長します。ビオラ・ディージェイはブランド苗なので、通常のビオラと比べると値段が高いですが、ビオラ・ディージェイの花付きの良さはそれだけの価値があるので、気になる方は育ててみてはいかがでしょうか。

Sponsored Links

おすすめの記事

スイセンの花が咲かない原因は?葉っぱを切るのはNG!

ペペロミアがぐったりと倒れる!元気がない原因は?

エクメアの子株の株分け方法

エケベリアの下の葉が枯れる原因は?葉が黄色くなって落ちる!

イチゴの形がいびつな原因!綺麗に大きくするには?

草花ガーデニング

【園芸豆知識⑩】コガネムシの幼虫退治

created by Rinker
住友化学園芸
¥1,277 (2024/04/22 22:08:23時点 Amazon調べ-詳細)
PR

コガネムシは、春から夏にかけて活発に活動し、土の中に産卵します。卵から生まれた幼虫は、そのまま土の中で越冬し、春先にサナギから成虫になります。

コガネムシは、成虫が植物の葉を食べて、幼虫が根を食べる害虫です。特に土の中の幼虫は、根の被害が分かりにくいので厄介です。

コガネムシに効く薬剤として知られているのは「オルトランDX」です。オルトランDXを土に混ぜておくと、その殺虫成分を植物の根から吸い上げることで、根だけではなく葉にも殺虫効果が得られます。

【園芸豆知識⑪】発根を促す鉄分サプリメント

created by Rinker
メネデール
¥1,045 (2024/04/22 18:23:35時点 Amazon調べ-詳細)
PR

メネデールは、植物の発根を促すための鉄分が含まれた活力剤です。挿し木や種まき、苗の植え付け、植え替えなどの場面で使用することで、根の成長を促進することができます。

メネデールの使用方法はとても簡単で、原液を100倍に薄めた水を植物に水やりするだけです。メネデールは、農薬や肥料ではないので、発根を促したい成長期に毎回使うことができます。

【園芸豆知識⑫】液体除草剤と顆粒除草剤の使い分け

created by Rinker
アイリスオーヤマ(IRIS OHYAMA)
¥822 (2024/04/22 22:08:24時点 Amazon調べ-詳細)
PR
created by Rinker
レインボー薬品
¥4,069 (2024/04/22 22:18:25時点 Amazon調べ-詳細)
PR

除草剤は「液体タイプ」と「顆粒タイプ」の2種類があります。液体除草剤は、雑草に直接かけて使います。即効性があるので、すでに増えてしまった雑草に効果的です。

顆粒除草剤は、土の中にゆっくりと浸透させて使い、長期間効果が持続するのが特徴です。すでに生えている雑草にも使えますが、効果の持続性を生かして、雑草が生える前に撒くことで予防する使い方がおすすめです。

Sponsored Links
\ よろしければシェアお願いします /