シマトネリコの成長速度は?アオダモとの違いを紹介!

成長が早い植物と言うと、林業で使われるスギが挙げれますが、実は、シマトネリコの成長速度はスギよりも早いです。そのため、シマトネリコを地植えにすると、数年で大きくなりすぎてしまうことがあるのです。

大きくなりすぎて手入れが心配な場合は、シマトネリコよりもアオダモの方がおすすめです。アオダモは、見た目がシマトネリコと似ていますが、性質が全く違いです。

Sponsored Links

シマトネリコの成長速度

シマトネリコ,成長速度,アオダモ,違い,画像1シマトネリコの成長速度は、育つ環境によって違いがありますが、シマトネリコは庭木に使われる植物の中でも、一二を争うほど成長が早いことで知られています。

シンボルツリーとして庭にシマトネリコを地植えする場合は、最初は2m程度のシマトネリコを植えます。それが2年後には3m以上にはなっているはずです。ですから、2年でシマトネリコの高さが二階の窓くらいになります。

その後、ある程度伸びてくると、シマトネリコの成長速度が少しゆっくりになってきますが、それでも10年以上剪定もせずに放置していると、確実に二階の屋根よりも高くまで成長するはずです。

シマトネリコは最大で10mを超えることもある高木です。ですから、庭に地植えする際には、植える場所を慎重に選ばなくてはいけません。

Sponsored Links

樹高が10m以上になる高木ということは、根の成長速度も早いです。シマトネリコの根は土の浅い場所を這うように伸び、長い物で5mを超えることもあります。ですから、配管や建造物の近くにシマトネリコを植えると、根に侵食されて破損する恐れがあるので注意が必要です。

シマトネリコを鉢植えで育てる場合は、大抵は50㎝程度の苗から育て始めることが多いです。まだ小さな苗の頃は成長速度がとても早いので、その場合は1年で2m程度まで大きく成長するはずです。

鉢植えの植物を元気に育てるためには、成長とともに大きな鉢に植え替えすると良いのですが、シマトネリコの場合は成長が早く、大きな鉢に植え替えするのも切りがないので、シマトネリコがある程度の大きさになったら、剪定と根切りで小さく保つことが望ましいです。

シマトネリコとアオダモの違い

シマトネリコ,成長速度,アオダモ,違い,画像2シマトネリコとアオダモは、どちらもモクセイ科トネリコ属の植物で、見た目もよく似た植物です。

ただし、シマトネリコは一年を通して葉がついている常緑広葉樹で、アオダモは秋から冬にかけて葉が落ちる落葉広葉樹という違いがあります。

落葉樹を庭木にすると、落ち葉の掃除が大変と思われがちですが、常緑樹でも葉が落ちないわけではありません。常緑樹は一年中緑の葉がついていますが、枯れた葉は落葉します。

Sponsored Links

ですから、一年中掃除が必要な常緑広葉樹のシマトネリコに比べて、落葉の時期に一気に掃除ができる落葉広葉樹のアオダモの方が、手間が少ないと言えるのです。(どちらが良いかは個人差があります。)

また、アオダモはシマトネリコと同様に最大樹高が10mを超える高木ですが、シマトネリコと比べてアオダモの方が成長速度が遅いという違いがあります。

アオダモは秋から冬にかけて落葉するので、目隠し用の庭木にはなりませんが、成長速度を考えるとシマトネリコよりもアオダモの方がおすすめです。

シマトネリコ

created by Rinker
ガーデンタウン
¥17,850 (2024/03/01 02:58:01時点 Amazon調べ-詳細)
PR

アオダモ

Sponsored Links

おすすめの記事

シマトネリコが4月に葉が落ちる!秋冬に落葉する原因とは?

蔓性観葉植物(ポトス・モンステラ)にはココナッツ支柱とメッシュ支柱がおすすめ!

アンスリウムの花と葉が小さい原因

ペチュニアの切り戻しの回数は?2回目は8月で9月に満開!

オクラにアリがつく理由!駆除する必要あるの?

庭木・グランドカバーガーデニング

【園芸豆知識⑩】コガネムシの幼虫退治

created by Rinker
住友化学園芸
¥1,277 (2024/03/01 17:17:03時点 Amazon調べ-詳細)
PR

コガネムシは、春から夏にかけて活発に活動し、土の中に産卵します。卵から生まれた幼虫は、そのまま土の中で越冬し、春先にサナギから成虫になります。

コガネムシは、成虫が植物の葉を食べて、幼虫が根を食べる害虫です。特に土の中の幼虫は、根の被害が分かりにくいので厄介です。

コガネムシに効く薬剤として知られているのは「オルトランDX」です。オルトランDXを土に混ぜておくと、その殺虫成分を植物の根から吸い上げることで、根だけではなく葉にも殺虫効果が得られます。

【園芸豆知識⑪】発根を促す鉄分サプリメント

created by Rinker
メネデール
¥1,045 (2024/03/01 14:53:10時点 Amazon調べ-詳細)
PR

メネデールは、植物の発根を促すための鉄分が含まれた活力剤です。挿し木や種まき、苗の植え付け、植え替えなどの場面で使用することで、根の成長を促進することができます。

メネデールの使用方法はとても簡単で、原液を100倍に薄めた水を植物に水やりするだけです。メネデールは、農薬や肥料ではないので、発根を促したい成長期に毎回使うことができます。

【園芸豆知識⑫】液体除草剤と顆粒除草剤の使い分け

created by Rinker
アイリスオーヤマ(IRIS OHYAMA)
¥1,043 (2024/03/01 17:29:13時点 Amazon調べ-詳細)
PR
created by Rinker
レインボー薬品
¥4,227 (2024/03/01 17:29:14時点 Amazon調べ-詳細)
PR

除草剤は「液体タイプ」と「顆粒タイプ」の2種類があります。液体除草剤は、雑草に直接かけて使います。即効性があるので、すでに増えてしまった雑草に効果的です。

顆粒除草剤は、土の中にゆっくりと浸透させて使い、長期間効果が持続するのが特徴です。すでに生えている雑草にも使えますが、効果の持続性を生かして、雑草が生える前に撒くことで予防する使い方がおすすめです。

Sponsored Links
\ よろしければシェアお願いします /
ラブリープランツ