スリット鉢に鉢底石は必要?土がこぼれる時はどうする?

スリット鉢は、鉢底から鉢の側面にかけてスリット状の穴が開いている植木鉢で、排水性・通気性に優れているという特徴があります。

特殊な構造の植木鉢なので、初めて使う人の中には「スリット鉢に鉢底石は必要あるのか?」「スリット鉢の穴から土がこぼれるのは大丈夫なのか?」など疑問に思うこともあるようです。今回はスリット鉢の使い方について紹介します。

Sponsored Links

スリット鉢に鉢底石は必要なのか?

結論から言うと、スリット鉢に鉢底石は必要ありません。そもそも鉢底石を使用する目的は、鉢底の水はけを良くするためです。スリット鉢は、鉢底から鉢の側面にかけてスリット状の穴が開いていて、排水性・通気性に優れた植木鉢なので、鉢底石は不要です。

スリット鉢は、根の成長を促すデザイン設計になっており、通常の鉢よりも植物の根の張りが良いのが特徴です。根の成長には、「水」「養分」「空気(酸素)」の3つ要素が不可欠で、特に空気(酸素)が不足すると、根が窒息状態になり根腐れを引き起こす原因になります。

Sponsored Links

通常の鉢で植物を育てると、成長し過ぎて行き場を失った根が、鉢の縁に沿ってぐるぐると巻きながら伸びていく「サークリング現象」が起こります。この状態では、鉢の中心部の土を活用できていません。

スリット鉢で植物を育てると、スリット状の穴から空気(酸素)が鉢の中心部まで入り込むので、株元から新しい根が成長し、サークリング現象を防ぐことができます。

植物の根は空気(酸素)を求めて、スリット状の穴まで伸びていくので、この位置に大粒の鉢底石があると、根の成長を妨げることになってしまいます。

植物の根の状態が良いと、水と養分を吸い上げる量が多くなり、その結果、葉や茎の成長が良くなります。根の良い状態を保つことは、植物の成長にとって非常に重要なことなのです。

スリット鉢,鉢底石,土がこぼれる,画像

根のサークリング現象

スリット鉢の穴から土がこぼれる時はどうする?

スリット鉢に土を入れると、スリット状の穴から粒子の細かい土がこぼれることがあります。そんな時は、土がこぼれないように鉢底石や鉢底ネットを使って、スリット状の穴を塞ぎたくなりがちですが、これらのものもスリット鉢には必要ありません。

スリット鉢から土がこぼれるのは、植物を植えた最初の頃だけです。植物を植え付けてからしばらく経つと、根がスリット状の穴に向かって伸びていくので、根が土をしっかりと絡み取って土がこぼれにくくなります。

Sponsored Links

順調に根が成長していけば、スリット状の穴の付近は、植物の根でいっぱいになるので、鉢底石や鉢底ネットは必要ありません。

スリット鉢は、鉢の側面にスリット状の穴を開けることで、通気性に優れた植木鉢です。鉢の中央部まで空気が入り込むことによって、用土の大部分を有効利用できるという特徴を持っています。ですから、根の張りを妨げる資材は使わない方が望ましい。

スリット鉢

Sponsored Links

おすすめの記事

チューリップの球根を植えっぱなし!そのままほったらかしにするとどうなる?

ほうれん草を甘くする栽培方法!えぐみ・苦味の原因は?

クリーピングタイムのデメリットは梅雨の蒸れに弱い!刈り込み方法を紹介!

ウンベラータの葉が落ちる!黄色い葉が全て落ちた時は復活できるの?

サンスベリアの根が張らない!根元がグラグラで根がない時は?

草花ガーデニング

【園芸豆知識⑩】コガネムシの幼虫退治

created by Rinker
住友化学園芸
¥1,322 (2024/06/13 02:56:32時点 Amazon調べ-詳細)
PR

コガネムシは、春から夏にかけて活発に活動し、土の中に産卵します。卵から生まれた幼虫は、そのまま土の中で越冬し、春先にサナギから成虫になります。

コガネムシは、成虫が植物の葉を食べて、幼虫が根を食べる害虫です。特に土の中の幼虫は、根の被害が分かりにくいので厄介です。

コガネムシに効く薬剤として知られているのは「オルトランDX」です。オルトランDXを土に混ぜておくと、その殺虫成分を植物の根から吸い上げることで、根だけではなく葉にも殺虫効果が得られます。

【園芸豆知識⑪】発根を促す鉄分サプリメント

created by Rinker
メネデール
¥1,045 (2024/06/13 21:09:48時点 Amazon調べ-詳細)
PR

メネデールは、植物の発根を促すための鉄分が含まれた活力剤です。挿し木や種まき、苗の植え付け、植え替えなどの場面で使用することで、根の成長を促進することができます。

メネデールの使用方法はとても簡単で、原液を100倍に薄めた水を植物に水やりするだけです。メネデールは、農薬や肥料ではないので、発根を促したい成長期に毎回使うことができます。

【園芸豆知識⑫】液体除草剤と顆粒除草剤の使い分け

created by Rinker
アイリスオーヤマ(IRIS OHYAMA)
¥1,110 (2024/06/13 02:56:33時点 Amazon調べ-詳細)
PR
created by Rinker
レインボー薬品
¥4,209 (2024/06/13 03:12:54時点 Amazon調べ-詳細)
PR

除草剤は「液体タイプ」と「顆粒タイプ」の2種類があります。液体除草剤は、雑草に直接かけて使います。即効性があるので、すでに増えてしまった雑草に効果的です。

顆粒除草剤は、土の中にゆっくりと浸透させて使い、長期間効果が持続するのが特徴です。すでに生えている雑草にも使えますが、効果の持続性を生かして、雑草が生える前に撒くことで予防する使い方がおすすめです。

Sponsored Links
\ よろしければシェアお願いします /