クチナシの葉が黄色くなる・葉が落ちる原因!蕾が落ちる時は?

クチナシ(ガーデニア)の葉が黄色くなる、もしくは葉が落ちる主な原因は、「水切れ」と「寒さ」が考えられます。また、これらの原因によって、蕾が落ちることもあるので注意が必要です。

Sponsored Links

クチナシの葉が黄色くなる・葉が落ちる原因

クチナシ,葉が黄色くなる,葉が落ちる,原因,蕾が落ちる,画像1

水切れ

クチナシは、日本、中国、台湾、朝鮮半島、インドシナ半島などの森林に自生する植物です。ですから、用土は、落ち葉が降り積もってできた、腐葉土が適してします。フカフカの腐葉土は、保湿性と通気性が良いので、クチナシは水分を好む植物です。

そのため水切れを起こすと、急に調子が悪くなって、クチナシの葉が黄色くなることがあります。さらに酷くなると、次々と葉が落ちることがあるので注意が必要です。

野生のクチナシは森林で育つ常緑低木なので、半日陰の環境を好みます。ですから、強い西日が当たる場所にクチナシを置いてしまうと、葉焼けを起こして葉が黄色くなる原因になります。また、強い日差しが当たる場所では、用土がすぐに乾燥してしまうので、水切れも起こりやすいです。

ただし、クチナシを室内栽培するのはNGです。クチナシを部屋の中に置いていると、葉の色が薄くなったり、白い花が黄色くなることがあるので、鉢植えのクチナシでも屋外で栽培するようにしましょう。

クチナシの水やりの方法は、表土が乾いたらたっぷり水を与えるのが基本です。夏場は土が乾燥しやすいので、朝晩2回の水やりが必要になることもあります。冬場は、生育が落ち着いているので、暖かい時期ほど頻繁に水やりする必要はありません。表土が乾いたタイミングで水を与えてください。

Sponsored Links

寒さ

クチナシは日本に自生する植物ですが、東海地方以西の温暖な地域に分布しています。ですから、クチナシは寒さに弱い傾向があるので、寒冷地では寒さでクチナシの葉が黄色くなることがあります。

クチナシの園芸種は品種改良されているので、耐寒温度が-5℃程度までと言われいますが、霜に当たると葉が落ちる原因になります。

寒さが厳しい冬の時期には、鉢植えのクチナシを軒下に移動したり、玄関に取り込んだりして、防寒対策する必要があります。

Sponsored Links

クチナシの蕾が落ちる原因

クチナシ,葉が黄色くなる,葉が落ちる,原因,蕾が落ちる,画像2

クチナシは、6月から7月頃の暖かい時期に開花するので、この時期は気温が高く用土が乾燥しやすいので水切れになることがよくあります。

クチナシの開花時期には、たくさんの蕾をつけて次々と花が咲くのですが、この時期に水切れを起こすと、蕾が落ちることがあるので注意が必要です。

クチナシの開花時期は、基本的には6月から7月頃とされていますが、暖かい地域では温暖化の影響もあって、秋頃までクチナシの花が咲いていることがよくあります。

開花時期が長くなると、その分たくさんの養分を必要とするので、肥料切れが原因で花が咲かないことがあります。クチナシの肥料の与え方は、開花後にお礼肥として油かすなどを施すのが基本なのですが、開花時期が長くなる場合は、緩効性の固形肥料を与えておくと良いでしょう。

クチナシ

Sponsored Links

おすすめの記事

ドウダンツツジの花が咲かない原因は?剪定時期と方法を紹介!

エバーフレッシュの葉が開かない・葉が閉じない原因!冬にぐったり葉が垂れる時は?

ハナショウブは何回咲く?植えっぱなしにすると株が弱る!

トウモロコシの粒が不揃い!実がスカスカで並びが悪い原因は?

月兎耳と黒兎耳の違いは?福兎耳は別の種類のカランコエ!

庭木・グランドカバーガーデニング

【園芸豆知識⑩】コガネムシの幼虫退治

created by Rinker
住友化学園芸
¥1,277 (2024/03/01 17:17:03時点 Amazon調べ-詳細)
PR

コガネムシは、春から夏にかけて活発に活動し、土の中に産卵します。卵から生まれた幼虫は、そのまま土の中で越冬し、春先にサナギから成虫になります。

コガネムシは、成虫が植物の葉を食べて、幼虫が根を食べる害虫です。特に土の中の幼虫は、根の被害が分かりにくいので厄介です。

コガネムシに効く薬剤として知られているのは「オルトランDX」です。オルトランDXを土に混ぜておくと、その殺虫成分を植物の根から吸い上げることで、根だけではなく葉にも殺虫効果が得られます。

【園芸豆知識⑪】発根を促す鉄分サプリメント

created by Rinker
メネデール
¥1,045 (2024/03/01 14:53:10時点 Amazon調べ-詳細)
PR

メネデールは、植物の発根を促すための鉄分が含まれた活力剤です。挿し木や種まき、苗の植え付け、植え替えなどの場面で使用することで、根の成長を促進することができます。

メネデールの使用方法はとても簡単で、原液を100倍に薄めた水を植物に水やりするだけです。メネデールは、農薬や肥料ではないので、発根を促したい成長期に毎回使うことができます。

【園芸豆知識⑫】液体除草剤と顆粒除草剤の使い分け

created by Rinker
アイリスオーヤマ(IRIS OHYAMA)
¥1,043 (2024/03/01 17:29:13時点 Amazon調べ-詳細)
PR
created by Rinker
レインボー薬品
¥4,227 (2024/03/01 17:29:14時点 Amazon調べ-詳細)
PR

除草剤は「液体タイプ」と「顆粒タイプ」の2種類があります。液体除草剤は、雑草に直接かけて使います。即効性があるので、すでに増えてしまった雑草に効果的です。

顆粒除草剤は、土の中にゆっくりと浸透させて使い、長期間効果が持続するのが特徴です。すでに生えている雑草にも使えますが、効果の持続性を生かして、雑草が生える前に撒くことで予防する使い方がおすすめです。

Sponsored Links
\ よろしければシェアお願いします /
ラブリープランツ