ヒヤシンスの水耕栽培で根が伸びない!芽が出たらどうする?

ヒヤシンスの水耕栽培は、球根から芽が出る前と後では育て方が違うことをご存知でしょうか?栽培方法を間違えると、ヒヤシンスの球根から根が伸びないことがあるので注意が必要です。今回は、ヒヤシンスの水耕栽培で根が伸びない原因と、芽が出たらどうするのかについて解説していきます。

Sponsored Links

ヒヤシンスの水耕栽培で根が伸びない原因

ヒヤシンスの球根は冷暗所で発根させる

ヒヤシンス,水耕栽培,根が伸びない,芽が出たら,画像1ヒヤシンスの水耕栽培は10月から11月頃に始めて、3月から4月頃に開花します。

ヒヤシンスの水耕栽培は、球根の底を水に浸けると根が伸びてくるのですが、本来、球根は土に埋まっているものなので、発根させるためには冷暗所で管理する必要があります。

ですから、ヒヤシンスの球根を明るい場所で管理していると、いつまで経っても根が伸びない原因になります。

ヒヤシンスの球根は寒さに当てて越冬することで発芽するので、12月いっぱいは10℃以下の冷暗所で管理しましょう。暖房の効いた暖かい部屋に置いておくと、ヒヤシンスが急激に成長して、草丈が短く不格好な状態で開花してしまいます。

Sponsored Links

球根の底の雑菌が発根を妨げる

ヒヤシンスの球根を長い間水に浸していると、球根の底に雑菌が繁殖してしまい、それが原因で根が伸びないことがあります。

雑菌が繁殖すると、球根の底がヌルヌルしてきます。このヌメリを取って、根が出るまでは毎日水を替えておきましょう。

ヒヤシンスの根が出始めたら、水替えは3日に1回の頻度で大丈夫です。根が長く伸びてきたら、水替えは1週間に1回で十分です。

ヒヤシンスの水耕栽培は、根が長く伸びてきたら、水位を低くして球根に水を付けないようにしましょう。植物の根は呼吸しているので、根の1/3程度は水に浸らないようにすると根腐れを予防することができます。根腐れが原因でヒヤシンスの根が伸びないことがあるので注意しましょう。

ヒヤシンスの水耕栽培は、カルキの入った水道水を使用すると、雑菌の繁殖を抑えることができます。カルキを取り除いた浄水器の水を放置すると雑菌が繁殖しやすい。

Sponsored Links

球根から芽が出たらどうする?

ヒヤシンス,水耕栽培,根が伸びない,芽が出たら,画像2ヒヤシンスの球根から芽が出たら、窓辺などの日当たりの良い場所へ移動しましょう。日光を浴びてどんどん成長したヒヤシンスは、3月から4月頃に開花します。

ヒヤシンスは開花のために養分をたくさん使うので、花後は球根が痩せてしまいます。球根を土に植えている場合は、花が終わったら球根を肥大させる時期になるのですが、水耕栽培の場合は球根を太らせることができないので、このままでは来年も花を咲かせることができません。

基本的にヒヤシンスの水耕栽培は1年限りです。来年も花を咲かせたい場合は、花後に球根を土に植えておくと、球根が肥大して来年も開花するかもしれません。

その場合は、梅雨に入る前の6月上旬頃に球根を土から掘り上げて、秋まで乾燥貯蔵します。このように手間がかかるので、ヒヤシンスの水耕栽培は1年限りにするのが一般的です。

ヒヤシンスの水耕栽培キット

Sponsored Links

おすすめの記事

ゼラニウムの葉が黄色や白くなる!冬に赤くなる時は?

ガジュマルの幹が「ブヨブヨ」と「シワシワ」復活できるのはどっち?

鶏糞と牛糞の違い!どっちが肥料分が多い?

デンドロビウムの高芽の原因は?植え付け時期を紹介!

月桂樹を小さく育てる鉢植えの育て方

草花ガーデニング

【園芸豆知識⑩】コガネムシの幼虫退治

created by Rinker
住友化学園芸
¥1,331 (2024/07/14 07:46:01時点 Amazon調べ-詳細)
PR

コガネムシは、春から夏にかけて活発に活動し、土の中に産卵します。卵から生まれた幼虫は、そのまま土の中で越冬し、春先にサナギから成虫になります。

コガネムシは、成虫が植物の葉を食べて、幼虫が根を食べる害虫です。特に土の中の幼虫は、根の被害が分かりにくいので厄介です。

コガネムシに効く薬剤として知られているのは「オルトランDX」です。オルトランDXを土に混ぜておくと、その殺虫成分を植物の根から吸い上げることで、根だけではなく葉にも殺虫効果が得られます。

【園芸豆知識⑪】発根を促す鉄分サプリメント

created by Rinker
メネデール
¥1,195 (2024/07/14 23:15:41時点 Amazon調べ-詳細)
PR

メネデールは、植物の発根を促すための鉄分が含まれた活力剤です。挿し木や種まき、苗の植え付け、植え替えなどの場面で使用することで、根の成長を促進することができます。

メネデールの使用方法はとても簡単で、原液を100倍に薄めた水を植物に水やりするだけです。メネデールは、農薬や肥料ではないので、発根を促したい成長期に毎回使うことができます。

【園芸豆知識⑫】液体除草剤と顆粒除草剤の使い分け

created by Rinker
アイリスオーヤマ(IRIS OHYAMA)
¥1,110 (2024/07/14 07:46:02時点 Amazon調べ-詳細)
PR
created by Rinker
レインボー薬品
¥4,073 (2024/07/14 07:46:03時点 Amazon調べ-詳細)
PR

除草剤は「液体タイプ」と「顆粒タイプ」の2種類があります。液体除草剤は、雑草に直接かけて使います。即効性があるので、すでに増えてしまった雑草に効果的です。

顆粒除草剤は、土の中にゆっくりと浸透させて使い、長期間効果が持続するのが特徴です。すでに生えている雑草にも使えますが、効果の持続性を生かして、雑草が生える前に撒くことで予防する使い方がおすすめです。

Sponsored Links
\ よろしければシェアお願いします /